検事から弁護士に転身する人は多いです

司法試験に合格して弁護士にある人は多いです。
弁護士になるからには司法試験に合格しないとダメです。
司法試験を受けなくて弁護士になるという事はあり得ません。
司法試験を受けても落ちたら弁護士にはなれないです。
司法試験は弁護士になる人だけが受ける試験ではないです。
検事を目指す人も裁判官になりたい人も司法試験は受けます。
司法試験には毎年、多くの人が受験します。

検事を目指したら裁判官になりたいと思う人もいますが、弁護士になりたいという人もたくさんいます。
検事から弁護士に転身する人は多いです。
検事と弁護士では立場が違います。
立場が違うから最初に戸惑う人は少なからずいます。

検事は犯罪を暴く側です。
弁護士は依頼人を助ける側です。
依頼人を助ける弁護士ですから借金で困っている人を助ける事も多いです。
その他にも弁護士に助けてもらいたいことは多々あります。
弁護士になったからには検事からの転身は関係ありません。
検事から弁護士になっても裁判官から弁護士になったとしても弁護士になった以上は依頼人の事を第一に考えて仕事するべきです。